ホーム » 小学生クラス » 小学生一般クラス

小学生一般クラス

虹の風メソードで「知ることの楽しさ」「考えることの面白さ」を伝えます。

 「虹の風メソード」とは、子どもたちが生来持ち合わせている向上心や好奇心を育む学習法です。虹の風学修館は、一般の進学塾に見られる講義型・受け身授業とは違い、生徒が積極的に参加する「体感授業」・「学び合い授業」を行っています。
 特に小学生では、学ぶことが楽しい・好きと思えることが大切です。そのため、「体感授業」・「学び合い授業」を通して、「学ぶ楽しさ」が伝わる取り組みに力を入れています。
 小学生クラスでは、「学び合い授業」が充実して行える
5人までを定員としています。

五感を刺激する「体感授業」

 「勉強が嫌い」という子どもは、勉強に対して興味・関心が持てない状態にいます。虹の風学修館では、子どもたちに興味・関心を持たせるために、「見る」「聞く」「触れる」などの体感を授業に多く取り入れています。興味・関心を持つことで勉強が好きになり、自分から意欲的に学ぶことができるようになります。

自分の考えを意見し、みんなで話し合う「学び合い授業」

 虹の風学修館では、1つのテーマに対し五感を刺激し、子どもたちでディスカッションし、答えを導き出します。自分がわかったことや疑問に思ったことを人に伝えること、人の意見に耳を傾けることで、理解が深まり、同時に「学ぶ楽しさ」を知ることができます。

「なぜ?」「どうして?」を大切にした、考える算数授業

 虹の風学修館の算数授業は、「どのように考えればよいのか?」という疑問から始めます。そして、次に「なぜそうなるのか?」「どうしてそう考えたのか?」を生徒たちが自由に話し合ったり作業をしたりして、問題を解決していきます。自分たちで答えを見つけ出すことができたものは忘れないものです。また、1つの問題をじっくり深く考えるということは、中学での学習でも大いに役立ちます。
 「考える」「作業する」ことから算数の楽しさを体感し、「算数が好き」となることを目指します。
 (みんなで考え、話し合う1つの素材として、静岡大学と産学共同で開発した「MATH DISCUSSION」も利用しています。)

「表現力」の向上を目指す、楽しい国語授業

 虹の風学修館の国語授業は、「朗読」「ディスカッション」「作文」に力を入れています。
 国語が好きな人のほとんどは、「本を読むことが好き」と答えます。「本を読む楽しさ」を知ることが、国語が好きになる第一歩です。また、作文が書けない大きな理由は、“材料“不足にあります。文章を読んだ後にみんなで思ったこと、感じたことを「話し合う」ことで、自分の考えが整理されます。不思議に思ったことや気になったことを調べてみてもよいでしょう。そうすることによって、たくさんの“材料“ができ、文章も書きやすくなります。
 中学入試や高校入試などあらゆる場面で文章力は求められます。「本を読むことが好き」「文章を書くことが好き」となることを目指します。

中学入試対策

 浜松西高中等部の入試をはじめとする中学入試に、虹の風学修館の算数・国語授業は十分対応しています。中学入試では、高い学力はもちろんですが、思考力、発想力、表現力も求められます。「体感授業」・「学び合い授業」によって、その力を向上させることができます。

虹の風 学修館は浜松市の学習塾です。

お問い合わせは 本部 053-412-1033
※各教室では受付をしておりません。

ページの先頭へ

© 2009 Gakushu Kikakusha All Rights Reserved.