ホーム » 浜松西高中等部 受験クラス

浜松西高中等部 受験クラス



虹の風学修館の「考える学び」の先には、浜松西高中等部受験の希望に沿うことの出来る、
豊かな思考力の育成があります。
浜松西高中等部目指す生徒たちを虹の風学修館は応援します。

教科総合適性検査・作文・面接の対策
授業料月謝31,000円 詳細はコチラ
指導時間毎週120分×2回 (月8回)
会場住吉本部教室・内野台教室・北浜南教室 など


お申し込みお問い合わせ
西高中等部受験クラスについて

 小学6年生を対象にした、浜松西高中等部を受験するための特別クラスです。浜松西高中等部受験科目である、総合適性検査・作文・面接の対策を行います。
 また西高中等部の入学試験は、他の中学入試と比較して、とても独特な内容です。高い学力があっても合格するとは限りません。受験生本人のやる気と努力は勿論、保護者の方々のバックアップも必要です。

西高中等部合格に必要なこと
先頭へ
対策をして合格をつかもう

 浜松西高中等部の入試は、「総合適性検査」「作文」「面接」です。合格者(定員160名)の70%(112名程度)は、この3科目の結果で決定されます。(合格判定には、試験のほかに調査書の評価も含まれます。)
平成27年度入試は、例年通り高い受験倍率となりました。虹の風学修館では、長年の過去問分析にそった指導をしています。

受験倍率
総合適性検査
  • 小学校で学んだ全教科の基礎力を、会話形式の中で実際の生活に当てはめて考える問題が中心です。
  • 受験生の総合力(高い見識と広い視野)が問われます。
  • 毎年、算数・理科で全体の半数以上の配点がありました。
配点
※国語は放送問題を含みます。
今年度の過去問題
虹の風学修館では 勉強を楽しいと感じる授業で、伸びる!

 難しい問題集ばかりやって、解法テクニックをたくさん身につけても効果は期待できません。虹の風学修館では、教科書の基礎・基本はもちろん、日常生活の中での出来事に関心を持つことを大切に指導しています。気になったニュースを調べたり、教室のみんなと意見交換をしたりすることで、幅広い見識が身に付きます。
 また、過去問題や模擬試験も充実しています。積極的に取り組んで、独特な問題への対応力を身に付けましょう。

作文
  • 与えられた題材文を読んで、筆者の主張(文章読解)(40字~60字以内)と、筆者の意見をふまえた自分の具体的な考え(意見文)(400字~600字以内)の2つを完成させます。
  • 題材文の文字数は毎年異なり、平成29年度の入試では1,300字程度でした。
題材文文字数 虹の風学修館では 個性や表現するチカラを引き出す

 文章を正確に読み取り、的確に自分の考えを表現する読解演習が必要です。授業では、小説、エッセイ、詩、俳句等の様々なジャンルの文章を取り上げます。作文に苦手意識を持つ生徒が多いですが、文章の読み方・書き方も丁寧に指導するので安心。
 上手に書けているかどうか、ということよりも、その生徒自身にしか書けないような個性ある作文になっているか、ということに重点をおいて指導しています。

面接
  • 8人1グループの集団面接です。
  • 「質問されたことに答える」という形式と「与えられたテーマについて意見を述べる(ディベート・ディスカッション)」という2つの形式で実施されています。
  • 平成29年度の入試では、「資料を読み、3人グループで20年後の未来について討論し、発表する」という形式でした。
虹の風学修館では 少人数制を活かした充実の実戦練習!

 虹の風学修館では、少人数制(定員8名)を活かし、入試での討論の類似テーマを実際の形式と同じ環境で練習します。これを積み重ねることで、自分の考えをしっかり持ち、相手の考えもしっかり聞いて発言できるようになります。
 また、志願理由書の作成を早い段階から何度も行い、強い志願理由の確立を図ります。本番では、胸を張って自分らしく、表現豊かに強い志望意志を伝えられるようになります。

家庭学習も意欲的に取り組めるよう指導

 幅広い知識や関心を育むため、家庭でも意欲的に取り組めるように指導します。西高中等部の入学試験は、他の中学入試と比較して、とても独特な内容です。高い学力があっても合格するとは限りません。受験生本人のやる気と努力は勿論、保護者の方々のバックアップも必要です。

先頭へ
保護者の皆様にも寄り添うサポートを

 虹の風学修館では、1年間の受験勉強を意欲的に取り組むためには、ご家族の理解と協力が絶対的に不可欠だと考えています。
 そこで、定期的に保護者会や授業参観を実施し、指導方針や指導内容を伝えるとともに、時期に応じた親子の心構えなどメンタル面でのアドバイスも行い、常に保護者の皆様と共有化を図っています。お子様をご家庭で温かく見守る環境作りも、受験勉強を乗り切る大切な要因だと考えています。

保護者より

 「なぜ?どうして?」の疑問を大切にした授業で、幅広い考えを持つことができ、入試にとても役に立ちました。

 特に「学び合い授業」が素晴らしかったです。クラスメートにも恵まれ、斬新な考え方をするお友達とのやり取りの中で、生真面目で型にはまった考えしかできないわが子が、多面的に物事をとらえられるようになり、応用力もついてきたと思います。

 入試まで、勉強を楽しみながらできたと思います。スイッチを入れる時と、抜く時をはっきりさせて、やるときは集中してやるように心がけました。入試や県統一模試テストの過去問をたくさんやったおかげで、時間内に正確に問題を解く習慣が身についたようです。

 学校や普段の生活でもとにかく積極的に自分から行動するようになりました。真っ先に手を挙げ、提案し、失敗を恐れず、前進しようとする姿勢で常にやっていて、学校の担任の先生にもお褒めの言葉をいただいたくらいです。

 特に難しい問題の時に、クラスのみんなで問題を解いて教え合うことで、自分とは全然違う発想の解き方があることを知り、虹の風学修館で学べてよかったなあと思いました。

 自分でまず考えてみるようになったこと、どんなに厳しいことを言われても投げ出すことなく取り組んでいたことには感心しました。クラスの仲間にも刺激をうけて、模試などだけでなく学校行事にもモチベーションが高まっているようでした。

 14年分の入試や8年分の模試の過去問を計画的に繰り返しやりました。分からない問題は必ず「分からないノート」に書き込み、自分の参考書として、入試直前まで役に立ちました。

 とにかく塾に行くのが楽しみで、学び合いの授業がとても良かったと思います。楽しく勉強することが、一番大切なことだと改めて教えていただきました。志願理由書の作成に早い段階から取り組んでもらえたことは、受験勉強を頑張る意欲につながったと思います。

 いつも9人で本番のように面接練習ができたおかげで、受験直前や本番でも不安なくいられました。話し方や姿勢、みんなの意見を聞いて自分の考えを言う練習がたくさんできました。

 自分の気持ちを文章にして声に出して発表することは、なかなか普段できないことなのでとても良かったと思います。作文を書く力も一緒についていったようで、最近ではスラスラ書けるようになり、本人もうれしそうです。

 作文は苦手だったけど、先生の添削やアドバイスがいつも自信につながりました。過去問や模擬作文もたくさんやったので、どんなテーマに対しても対応できるようになれたと思います。

 勉強以外での経験で結果を出すためには、目標・努力・自信が大切ということをしっかり理解していたのが、受験につながったと思います。自分のペースで本番に合わせてやりきれたことは正直驚きました。

 「勉強って、楽しい」と思い、家での勉強時間も長くなりました。ニュースを見たり、新聞を読んだりして興味を持ったことはとことん調べました。

 一方的に教えられても受け身で終わってしまう気がしますが、塾での生徒同士の学び合いは自ら参加して自ら考えていくわけですから、そこから疑問やヒラメキが広がっていき、本人にとってもとても楽しくやる気が出る勉強になっていたようです。

 気になったニュースは新聞スクラップにして、自分の考えや意見を書き込みました。それが総合適性検査だけではなく面接で意見を考えるときにも役立ちました。

 受験を決め、塾を探す時に、集団面接を受け、テストの点数を争うのではなく、勉強の楽しさ、学習のアドバイスを教えてもらえる塾を選びたいと考えていました。短い期間でしたが、これからの人生に活かせる学ぶことへの姿勢を教えていただきました。

 作文はすごく苦手でしたが、先生からアドバイスをもらい、試験前には作文が得意になり、スラスラ書けるようになっていました。

 後半で活躍した「できなかったノート」は、時間のない中、苦手を確認し効率よく学ぶ事が出来ました。また、塾に通い始めた当初は作文の宿題に何時間もかかっていましたが、受験前には作文が一番得意になっていました。

 教科書を中心とした学校の毎日の予習と復習を大事にしました。過去問題や模擬テストも、繰り返し徹底的にやり続けました。

 とにかく先生を信頼していて、過去の傾向対策のみでなく、新しい壁に当たっても、冷静に問題を解くことができるようになってきたのも、「勉強の楽しさ」や「なぜ」「どうして」などの根本が鍛えられたからだと思います。

先頭へ
担当講師より 必要なこと
向高先生


 どの教科においても「なぜ?」「どうして?」を大切にし、調べたり、考えたりする学びの姿勢が必要だと思っています。そしてそのことに楽しみを感じてくれると良いですね。
 自宅学習の課題では、生徒自身が関心を持った新聞記事や学校授業の内容を取り上げて、自分の意見が言えるようにしました。また、教科書の基礎・基本を徹底したうえで、13年分の過去問を2回通り自宅で取り組ませることも課題にしました。
 子どもたち同士で、この2つの課題を授業で取り上げ、互いに発表し合ったり、意見を伝え合ったりして、学び合うことを主体にした授業を展開しました。このことは面接、討論に大いに役立ちました。
 また、日頃から、自分の考えを言葉や文章に表せるようにすることにも力を入れました。考える力や創造する力がもっとも大切なことだと思うからです。
 作文指導では、自分の書きたいことを自分らしく書けるように、「まず何を書きたいか、どのように書いたら自分らしい文章になるか」といった、書き方の手順から丁寧に指導をしました。自分らしい発言ができ、個性あふれる意見が書けるようになると、大きな自信につながります。

向高先生
大石先生


 総合適性検査で高得点を取るには、算数の問題をいかに落とさないかにあります。しかし、西高中等部入試問題の総合適性にある算数の問題は、私立中学の入試で見られるような高い学力を問うものではなく、発想力や想像力を問うものがほとんどです。また、答案用紙には、答えだけでなく、求め方を書くための広いスペースが与えられているため、説明する力も求められます。
 いろいろな力を求められる西高中等部入試に対応するには、日頃からたくさんのことに興味を持ち、追求し、新たに課題を見つけ、取り組むことが大切です。
 授業の中では、間違った問題があると、まず時間をとりゆっくり考えてもらいました。そして、生徒同士で話し合ったり、お互いで話し合ったりする中で、問題を解決するようにしてきました。相手の意見や考えを聞くことは、刺激になり、さらなる興味につながっているようでした。

大石先生
先頭へ

 虹の風学修館 浜松西高中等部受験クラスでは7月~11月の毎月1回、静岡県下の国公立中学・私立中学受験のための模擬テストを実施しています。
 受験科目に「総合適性」があり、西高中等部の入試問題を分析し、その傾向を的確に捉えた対策模試です。


 
3教科
算数・国語・総合適性検査問題Ⅰ・Ⅱ

 
回数実施日模試の内容
第1回7月29日(土)国公立・私立中学
受験対策
第2回9月2日(土)
第3回10月7日(土)
第4回11月4日(土)
第5回12月9日(土)

 
個人別成績表
偏差値による志望校合否判定、科目別合否判定、過去データ、単元別理解度診断など
先頭へ

 教育情報誌の特別号として発行された、過去の「浜松西高中等部・特集号」をまとめてご紹介しています。新聞発表が行われないために情報が得にくい「面接」の具体的内容を入試の概要と併せてまとめたものになっています。
 教育情報誌をご希望の方は、本部(053-412-1033)までご連絡ください。無料でお届けします。


H29 特別号2


H29 特別号1


H28 特別号


H27 Vol.178


H26 Vol.167


H25 特別号


H24 Vol.149


H22 2月号


H21 6月号

 静岡県公式ホームページで、総合適性検査問題の過去問を見ることができます。(サイト内検索で「県立中高一貫校入学者選抜関係」と検索してください)

先頭へ
教科総合適性検査・作文・面接の対策
授業料月謝31,000円 詳細はコチラ
指導時間毎週120分×2回 (月8回)
会場住吉本部教室・内野台教室・北浜南教室 など


お申し込みお問い合わせ

© 2009 Gakushu Kikakusha All Rights Reserved.