「学ぶ楽しさ」「知る面白さ」教えます - 虹の風学修館

ホーム » ブログ

虹の風学修館 学びナビゲーション
ブログ:にじなび

【虹の風メソード】「内申点」と「予習」の重要性

虹の風学修館です。
中3生のみなさんは、いよいよあと2週間程度で高校受験を迎え、そのすぐ後には卒業式が待っています。
現中2生のみなさん・中1生のみなさんはそれぞれこれから残り1年間、あるいは2年間の中学校生活を送ることになります。そして当然ですが、その先には高校受験が待ち受けています。

「テストの点数」よりも「内申点」が重要

さて、高校受験はテストの点数さえ良ければ希望の高校に受かるのでしょうか。いいえ、それは大きな誤りです。
希望の高校を受験するにあたり、あなたが通う中学校の先生から「この内申点なら希望高校を受験してもいいよ」あるいは「この内申点では過去に受かった子はいない」との説明を受けるはずです。つまり、重要なのは「内申点」です。
それでは内申点を確保するためには何が評価されるのでしょうか。

内申点の評価は予習を前提とした「日頃の取り組み」が重視される

中間テスト・期末テストなどの定期テストで評価されるのは内申点全体の30%程度と考えてください。注目すべきは残りの70%の部分です。
確実に言えることは「積極的に学校授業に参加しているかどうか」が評価されるということです。
それでは、どのような取り組みをしたら評価されるのでしょうか。
まず大切なのは、翌日学校で行われる授業の予習を必ずすることです。学校で1日に進む教科書のページ数は、おおむね見開きで2~3ページ程度です。5分程度音読するだけで、十分な予習になります。
その予習の結果が学校授業への積極的な参加につながります。これが内申点対策としてかなり大きな意味を持つのです。

次週のブログでは、この予習の取り組みの詳細と虹の風学修館の指導についてさらに詳しくお伝えしますのでぜひご覧ください。

無料体験授業に参加してみませんか

虹の風学修館の無料体験授業へのご参加は随時受付中です。見学からでも大歓迎です!
お問い合わせはお問い合わせフォームから、または直接お電話にてお問い合わせください。

公式Twitterもご覧ください

虹の風学修館公式Twitterでは、授業で生徒達が作ってくれた素敵な作品や発表の様子、私たち講師の授業準備の様子などもお届けしています。
こちらもぜひご覧いただき、応援の「いいね!」をお願いいたします!

アーカイブ

ページの先頭へ

© 2009-2022 Gakushu Kikakusha All Rights Reserved.